40才過ぎてからの引越しのバイトできつかったこと


脱サラ開業 | 副業 引っ越しバイトを40代でやってみた感想

ホームページ制作ソフト シリウス

ホームページ制作ソフト シリウス


40才過ぎてから引っ越しのバイトに挑戦してみた。

 

引っ越しのバイトはイメージとしては、the肉体労働でバイト代は良いという感じだと思います。

 

なぜ引っ越しのバイトを選んだか?

  • 18〜20代前半の学生の頃、実際やってみた経験がある。
  • バイト代が高いイメージがあり、単発で稼げる。
  • 1つの現場毎に作業後の充実感が味わえた思い出がある。
  • お客様の新たな門出にお役に立てる意義のある仕事だと思う。引っ越しの理由は色々だが、新たな出発には違いない。

 

やるにあたって覚悟しておいたこと

  • 若いスタッフからのキツイ激励!⇒副業と言い聞かせて、単発だから我慢できると言い聞かせる。
  • 筋肉痛や腰痛になること。⇒サポーターで補強。荷物の持ち方で腰に負担がかからないように注意。
  • 最近のバイト代はどれぐらい?2017年現在マイナビ参照からの一例
  • ※下記表はバイトル参照でバイト代、勤務時間共に目安です。エリアによって違うでしょうし。

 

サカイ引越センター 日給1万円以上+交通費 実働8時間・休憩60分
アリさんマーク引越社 時給1400円以上 7:00〜16:00
アート引越センター 時給 1000円 以上 7:30〜16:30 (実働8h、休憩1h)
ハート引越センター 日給1万500〜1万6000円 + 各種手当 8:00 〜 18:00
アーク引越センター 日給9000〜1万3000円 7:30〜16:30(実働8h、休憩1h)

 

※意外とそれぞれで色がある。日給があきらかに高いところがあったが、夜間勤務を含めていたり見せ方が違う。どこも時給にすると1000〜1500円になる。(高校生は低く設定している会社が多い)

 

◆筆者はネームバリューを信じて、CMの多い会社を選択した。

 

採用までの手順

  1. 電話連絡
  2. 事務所にて簡単な面接(面接というより簡易説明)※履歴書持参
  3. 改めてビデオ研修の日時を設定
  4. ビデオ研修(ビデオ1時間程度+説明)制服が支給(帽子・シャツ数枚・ズボン・靴下5足)

 

筆者が自分で用意したもの

 

腰のサポーター

万が一、ぎっくり腰にでもなったらどうしようもない!保険と思った。

 

膝のサポーター

 

腰同様に膝にも気を使った方がよいと思います。万が一のためです。

 

靴(かかとが踏めるもの)

 

持ち合わせがなく購入しました。靴の脱ぎ履きは多いため、かかとを踏める靴で、ベラが無いものが便利です。かかとを踏める靴があるので、あると便利です。また安全靴ですので一足あると他のことでも使えるかも。

 

◆サポーターのおかげでか、軽い筋肉痛程度ですんだ。

 

実際の作業内容

  1. 月1回で出勤できる日を連絡
  2. 出勤日前日にメールにて集合時間と集合場所(駅)の連絡がある
  3. 指定時間に指定場所に集合 ※到着をメールに報告
  4. スタッフがトラックで迎えに来る
  5. 同乗して現場へ
  6. 作業開始(積込みと荷卸しのどちらか)
  7. 作業後に最寄りの駅で解散 ※現場毎に完了をメール報告
  8. 次の集合場所(駅)に向かう
  9. 上記のB〜Fの繰り返し

※ドライバーは地方さまざまから来るため、バイトスタッフとは初めての方が多い。経験が長くなると、同じドライバーと度々出会うケースもある。のんびりする時間は粗無いため、移動中の車内での雑談程度でよっくり自己紹介するような時間はない。

 

上記Eの作業内容
  • 基本はドライバーがメインスタッフ(社員)のため、お客様対応と家の中のことを担当する
  • メインスタッフ(社員)が養生や荷造、難しい作業をこなし全体を管理する
  • バイトスタッフは荷物の移動やトラック廻り(積込み・荷卸し)雑用と動き回る
  • バイトスタッフも経験値が上がり、信頼ができると社員に近い作業もこなす
  • 先輩のバイトスタッフが後輩のバイトスタッフへの指示や指導をすることが多い

 

筆者が引越バイトをしていたのは20年以上前のことで、場所の位置やバイトへの指示がスマフォであり、ドライバーとバイトとのマッチングの仕組みがうまくできていることギャップがあった。

 

引越の現場でもスマフォありきになっていることにカルチャーショックをうけてしまった!!

 

また、注意しなくてはお客様の大事な荷物を破損させてしまいかねないリスクがある。荷物を動かす際は、四方八方を注意散漫にならないように気を付けなければならないと改めて認識した。

 

取り返しのつかないことになる前に。。。

 

 

バイトということもあり、まわりのペースに合わせざるを得ないし、失礼ないよう気を使うことは勿論ですが、筆者の最初のバイト先輩が、常に走り、作業中に水分を取らない方だった。

 

1時間ぐらいは汗を出しっぱなしで水分補給をしていない。その人のペースに合わせているうちに、自分が倒れるのではないかと心配になった。

 

実際体力もあるだろう。もしくは、どの業界でも新参者に厳しさや難しさをアピールをして洗礼を与えたがる方もいる。

 

この場合、スポ根アピールといっていい。しかし、わかっていながら、ここで注意しなくてはいけない。

 

この会社の引越しの現場では、邪魔にならない場所に飲料水を用意しておき、自分のペースで水分補給をして良かったのだ。

 

倒れてからでは遅い。説明がなければ、遠慮せずに黙って飲むか、飲んでいいか聞くぐらいの

 

図々しさが必要だと筆者は思った。飲んでだめだと言われたら、管理会社に説明を聞くか継続すべきではないと思う。

 

 

 



関連ページ

副業の心得
起業しても上手く軌道に乗らない場合、副業をせざるを得ないこともあります。その際、どのような心構えで副業をすべきかを記事にしております。
ポスティングのバイトは儲かるのか?体験から紹介させて頂きます。
副業でポスティング(チラシの投函)をやりました。その経験から本当に儲かるのかどうか!?記事にて紹介させて頂きます。
副業でエクストラはおススメできない理由
副業でエキストラをしてみました。募集の多いエキストラですが、副業で生活費の足しに考えているならするべきではありません。いくつか理由があります。
清掃員やトイレ掃除のきついことについて
副業で清掃のバイトをしてみました。その際に感じたことを記事にしております。
youtubeでの副業が厳しくなった
youtubeですが、副業で収益化することが厳しきなりました。Googleサイドの条件のハードルが上がってしまいました。頑張れば可能でしょうが、容易にチャレンジしにくくなったのは事実です。
アフィリエイト
20年務めた中小企業を脱サラして、やりたいビジネスに挑戦。しかし波にのれずに副業含めて奮闘している内容をメインにブログにしてみました。 お役に立つことや参考にされる内容はないかもしれませんが、何かしら見て頂いた方に感じることがあれば幸いです。
情報商材・プロジェクト
情報商材関係は、どうも詐欺まがいの物が多い。しかし、中には素晴らしいシステムや情報を提供しているものもある。infoトップなどの商材について記事にさせて頂きます。

トップページ プロフィール プライバシーポリシー お問合せ