ブラックリストって具体的に何でしょうか。


ブラックリストでも融資は受けられるの?闇金注意!

 前の記事で、融資について紹介させて頂きました。筆者は貯金と市(区)で行っているチャレンジ融資というものを活用させて頂きました。

 

 ふと思ったのですが、ブラックリストに載っている方も融資は受けられるのでしょうか?結論、闇金は受けられます。

 

 ヤミ金融は、ブラックな融資を扱っている組織であるという印象を抱く人がいるようです。いわゆる貸金業登録のない金融会社のことを闇金融といいます。

 

 闇金融では、ブラックリストに載っていても、融資をしてくれるのが特徴です。そのため、今まで延滞や、自己破産などの経験がある人でも、ヤミ金融からなら融資を受けることが可能になります。

 

 返済時につく利息が、かなりの額になることが、ヤミ金融では注意すべき点です。普通の金融会社と、ヤミ金融を識別するには、どこを見るといいでしょうか。ブラックリストに名前が載って、どの金融会社の審査も通らなくなり、金利が高くてもヤミ金融に申し込まざるをえないという人もいます。高金利で融資を利用すると、返済総額がふくらんで苦しくなる一方です。

 

 返せるあてがないお金は、そもそも借りるべきではありません。

 

 ブラックでもOKと銘打っている融資の場合には、必ず闇金融かどうか確認した方がよいといえます。

 

 貸金業の登録をしている会社は、貸金業の登録番号を顧客の目に見えるところに出しておかなければいけないことになっています。

 

 ヤミ金融でないことを確認するには、貸金業登録番号をチェックすることです。

 

 最近は、090金融というヤミ金融も登場しています。固定電話がなく、必要な連絡事項は携帯電話だけで行っているところです。

 

 日本国内では、貸金業を経営するためには固定電話を引かなければいけません。

 

 携帯電話しか持っていなければ、ヤミ金融の可能性が高くなります。

 

 「闇金ウシジマくん」の世界です。一般に闇金に手を出すべきではないことをおススメさせて頂きます。

 

 漫画や映画をみて下さい。昨今では、開業や企業であれば、企画がよければクラウドファンディングで集金できますし、企画にも自信ないし、まわりの人にアレコレいわれたくない、でもお金はないから取敢えず闇金で・・なんどプライドだけの起業開業は恐らく成功する確率は限りなく0%に近いと思います。

 

 まず、自分自信に問いかけましょう。

 

 借金であれば、相談にのってくれる公共施設もありますし、無料の相談所もあります。安易にはいえませんが、自己破産という道もあるではないですか。

 

 

関連ページ

会社のロゴ制作
会社のロゴをどのようにして制作したかについて記事にしております。
商品のバーコード設定
商品のバーコードについて、取得方法等を記事にしております。バーコード取得事業者になることは難しくありません。
助成金と補助金
創業では助成金や補助金が気になるところです。もらえるなら有難いですが、手続きは簡単ではありませんでした。
運転資金の融資
ビジネスは投資が必要です。アフィリエイトや受注発注のようなフローもありますが、やはりリスクなくして大きなリターンは難しいかと思います。創業で融資について記事にしております。

トップページ プロフィール プライバシーポリシー お問合せ