40代からの脱サラ開業 奮闘記  本業と副業エトセトラ


転職や就職 | 面接での質問やマナーについて その1

 会社が新たに人を採用する時には面接が必須ですので、面接をせずに就職活動が終わることは、まずないでしょう。仮に裏口の出来レースであっても建前の面接は行われるはずです。ない場合は、ちょっとあやしいですね。

 

 会社の一員として採用するかどうか決める時には、面接官は必ず面接をして、どういう人物かを見ます。面接官が質問をして、応募した側はその質問に答えることで、どういった人物かを見定めるというのがよくある形です。

 

 就職活動をしている人は、就職面接の為の準備をする必要がありますが、何をどのようにするべきなのでしょうか。いやいや大丈夫〜素の自分を見せることが重要だよ〜無理して入ったって続かないよ〜!なんて考えて、中にはノープランで面接の場に行ってしまう人もいるようですが、事前の備えがあったほうが面接を突破しやすくなります

 

 面接の時に気をつけなければいけないのが、質問に対する答えを本やインターネットを参考にしすぎないという事です。問題のない答え方は、相手の印象にも残らず、評価されずに終わってしまうということがあります

 

 箸にも棒にもかからないような答えは意味がありません。自己PRにつなげられそうな答えを意識することが面接では重要です。

 

 自己PRは、面接時に意識しておきたいことの一つです。自分のアピールポイントをしっかりと把握する事、さらにその仕事に対しても使えそうかどうかという事を考えましょう。他の人にはできないことで、自分にはできることを、相手に伝えることも面接では必要です。もし見つからない場合は今までの自分を箇条書きで書き出して、頑張った内容をより詳しく説明できるように準備しておくことが大切です。

 

  • 事前の備えは必要
  • 質問に対する答えを、本やインターネットを参考にしすぎないこと
  • 自己PRに繋げられそうな答えを意識すること(自己RPのポイントは事前に把握しておき、仕事に使えそうか考えておく)
  • 他の人にはできなくても、自分にはできること相手に伝えることも必要(箇条書きで書き出して、自己分析しておくとよい)

転職や就職 | 面接での質問やマナーについて その2

 就職活動をしている時、採用面接でプラスの評価を相手に持ってもらうためにすべきことは何でしょうか?

 

 話をする時は丁寧語を主体にはきはきと、語尾が小さくならないように、身だしなみも整えてという基本的な部分があります。

 

 これまで、面接官として何年も経験を積み重ねているために、社会人としてのマナーは当然のことと考える面接官もいます。面接用の本で攻略方法を理解していても、面接官と話をすることには、正解というものはありません

 

 質問に対する回答に終止するのではなく、自分から質問をしたり、話を広げたりする必要もあります。

 

 面接の最低の条件として、聞かれたことに対して、明確に、簡潔な答え方で、相手に言葉を返すということです。

 

 担当者の言っている言葉が腑に落ちたといっても、大げさな相槌を繰り返すことは適切ではありません。相づちの場合は、いつもは気にせず行っていることが、面接の場所で出てしまうということがあります。

 

 もしも、面接官の話の中で問い直したいことがある時は、相手の話が一通り終わるのを待ってから、質問を挟んでいいか確認することです。

 

 これらができていないと、コミュニケーション能力に難ありだと判断されてしまうことがあります。確認したいことはありませんかという質問を、面接の終了直前て聞かれることは多いですので、その際に質問をするというパターンもあります。自分の都合で質問をしようとはせず、場の流れに合わせることが、面接対策の基本となります。

転職や就職 | 面接のときの質問での重要性

 転職活動を成功させるために大事なことは、面接を成功させることだと言われております。あらかじめ面接の準備を整えておくことが重要です。

 

 面接を成功させるためにしておいたほうがいいことには、どんなことがあるでしょう。まずは、第一印象を良いものにするための身だしなみを整えることです。第一印象は、面接の相手にいい評価をしてもらうためには、とても大事です。第一印象とは、外見も重要ですが、姿勢や話し方、ドアの開け閉め、姿勢、視線の合わせ方なども大事です。社会人としてのマナーも重要です。リスクをおかさないことを重視するあまり、差し障りのない回答を面接の場でする人もいますが、それではいい印象は持たれません。

 

 マニュアルどおりの答えをするのではなく、自分の頭で考えた言葉を相手に伝えることが、面接では大事です。多くの企業では、転職希望者に対して、どうして前の会社をやめて、新しい会社で働こうと考えているのかを聞くところが多いといいます。

 

 今の仕事を退職する理由がネガティブなものだとイメージがマイナスになりがちですので、答え方には気を使う必要があります。人間関係の悪化や、現在の職場への不満などを、転職の動機として挙げるのは、よくないと考えた方が無難です。

 

 自分自身の実績を生かしたい、新しい分野に挑戦をしたいといった、働くことへの意欲を示せる動機を述べるといいでしょう。一通りの面接を終えた後に、他に聞きたいことはないかという質問も定番です。自分の考えや、感じ方を伝えるチャンスと捉えて、何かしらを聞くようにしましょう。

 

 働くことになった時をイメージしながら、聞きたいことを聞いておくことで、モチベーションの高さを相手に伝えるなどの行動をとるようにしましょう。

転職や就職 | 面接で絶対に注意すべき2つのポイントについて

近々面接に行かなければいけないけれど、話すことも、やっておくべきこともわからないという人は案外と多いようです。

 

面接の場で重要なことは、その場にいる人に、もっと一緒に話したい人だと思わせることです。

 

面接で採用担当者と会話を成立させたいならば、以下の2を実行するように心がけましょう。

 

1.面接を受ける時には、相手から言われたことに対して、リアクションを欠かさず行うようにすることです。誰もが練りに練った自分アピールポイントを話したくなります。緊張と焦りで、自分のことだけを伝える一方通航になってしまうことがあります。しかし焦らなくても、面接官に楽しいと思ってもらえれば、自然に引き出してもらえます。まずは、採用担当者がもっと話したいと思ってくれる自分になることを目指して、聞かれたことに答えるようにすることです。

 

2.採用面接の介与では、話が長くなりすぎないこと、簡潔でわかりやすい言い回しで自分の考えを伝えることです。面接で何か聞かれたら、接続詞を多用しながら聞かれたことに答えるようにすれば、ロジカルな考え方をする人物だという印象を与えます。一つの話を短くして、情報を小出しにする戦法をすることによって、相手の理解度を高めることができます。

 

面接の担当者からすれば、その話自体は珍しい話ではなかったとしても、質疑応答で会話がかみ合う人とならば、また話したいと思うでしょう。簡単な方法ですが、少し気をつけることで、随分と面接官が抱く印象も良くなるので、実践してみてください。

転職や就職 | 面接での難しい質問に対する答えを出すまでの過程も評価の対象

 面接の時に面接官からまず聞かれる質問としては、志望動機ややりたいことといったその会社に関する場合が多いようです。

 

 その他、中途採用の場合は、今まで自分がどういった経験を積んできたか、どんな分野の仕事が得意なのかといった事柄を質問されるようです。

 

 よく聞かれることや、定番の質問については、あらかじる答えをイメージしておくことが大事です。採用する側の会社も決まりきった質問をしていては、多くの人の中から選考するための材料を得ることができません。予め用意されている回答では、判断する材料としては不十分である場合もあるので、質問する内容も考慮されたものが多くなっています。

 

 思いもかけない質問をして、その場で回答を考えなければいけなくなった時ほど、その人の考え方が見えてくることがあります。

 

 就職面接では、質問の意図をくみ取り、それに合った回答をすることが必要となりますし、それが求められます。面接の基本スタイルは相手の質問に答えることですが、そのためには、質問の意味をきちんとわかっていなければ答えようがありません。

 

 一度聞いただけでは質問の意味が理解できなかったという場合は、聞き直してもいいでしょう。回答の内容そのものも重要ですが、難しい質問に対する答えを出すまでの過程も評価の対象となっています。

 

 面接時には質問に対する回答はもちろんのこと、その過程における対応内容も見られていることも意識して面接に臨むことが大切です。

転職や就職 | 面接でのポジティブな応答をする方が無難。しかし根も葉もないウソは問題外です。

 転職先をを探している人の場合、今までの仕事をやめるに至った経緯や、新しい仕事を探している事情を問われることは粗間違いないです。

 

 大抵の場合、前職をやめた理由は、給与などの待遇や人間関係が原因になっている事が多いのではないでしょうか。

 

 本当のことを話したところ、面接官の心証が悪くなり、うまくいきかけていた面接に失敗してしまったという話をよく聞きます。

 

 転職を希望している理由を、どういう言い方で表せるかによって、面接にも生かすことが可能です。自分をより向上させたかったとか、新しい職場で自分の能力を試したかったなど、前向きな言い方をすることで、印象を変えられます。

 

 面接の場で退職理由を話す時に心がけたいことは、ネガティブな過去の事情を話すのではなくて、将来の希望や目標を軸に話をすることです。自分の能力を試すためや、自分の可能性を広げるためなど、自分のできることを考えての転職だと面接の場では伝えるようにしましょう。

 

 根も葉もないうそは問題外ですが、これからの将来のために、前の会社を退職したことを伝えられれば、評価が高くなるでしょう。

転職や就職 | 面接の仕方で企業の本気度がわかります。面接で企業を見よう。

 企業の採用数は増加傾向にあり、就職戦線は徐々に売り手市場になっているそうです。

 

 仕事を探す側からすれば、色々な求人がでていることから、自分の能力を試すことができる選択肢が広がることは歓迎できます。求人がふえることは、必ずしもいいことばかりとは言い切れないと言われています。 

 

 応募してきた人を十分に吟味することなく、採用を決めて頭数を確保しようとする企業もあります。採用が決まったという人も、自分が価値ある人間だから採用されるのだという誤った価値を持つような人もいます。

 

 そうすると、いざ仕事になったとき、実際のギャップに戸惑うことになります。安易な採用であるのかどうか、きちんと判断した上での採用なのかどうかを判断するための基準として、面接があります。面接のやり方はいろいろあり、役員面接、グループ面接、個別面接等がありますが、望ましい形としては、ある程度の責任者が出てくることです。

 

 面接では、あらかじめ出してある履歴書に目を通しながら行います。面接の場で、履歴書の内容をただ繰り返させるような会社であれば、考え直すべきかもしれません。

 

 会社側が、本腰を入れて人を採用したいと思っているならば、面接の場で、履歴書をただ追認するだけの質問だけということはありません。

 

 もしも、面接でいい人を見つけ出したいと会社が思っているならば、履歴書を確認するだけの面接をする必要はありません。履歴書に書ききれないあなたの魅力を自然と引き出してくれる面接を受けたら、その企業は就職後もきっとあなたを大切にしてくれると思います。

関連ページ

面接の重要性
20年務めた中小企業を脱サラして、やりたいビジネスに挑戦。しかし波にのれずに副業含めて奮闘している内容をメインにブログにしてみました。 お役に立つことや参考にされる内容はないかもしれませんが、何かしら見て頂いた方に感じることがあれば幸いです。
企業側での面接のスタイル
20年務めた中小企業を脱サラして、やりたいビジネスに挑戦。しかし波にのれずに副業含めて奮闘している内容をメインにブログにしてみました。 お役に立つことや参考にされる内容はないかもしれませんが、何かしら見て頂いた方に感じることがあれば幸いです。
志望動機について
20年務めた中小企業を脱サラして、やりたいビジネスに挑戦。しかし波にのれずに副業含めて奮闘している内容をメインにブログにしてみました。 お役に立つことや参考にされる内容はないかもしれませんが、何かしら見て頂いた方に感じることがあれば幸いです。

トップページ プロフィール プライバシーポリシー お問合せ