40代からの脱サラ開業 奮闘記  本業と副業エトセトラ


転職や就職 | 面接での志望動機は非常に大切

採用面接を突破しなければ転職先を決めることはまず無理ですが、それが大変だと考える人がいます。現在の仕事をやめて、新しい仕事に挑戦することになりますので、転職を決める時は思いきった決断をすることになります。

 

 これまでの職場環境を後にして、新しい会社に転職することになれば、決めること自体に勇気がいります。転職活動の面接では、どのような事情で転職をすることに決めたのか、相手の納得のいく答えを求められることでしょう。

 

 面接の場では、新しい職場を求める動機は何なのかを、きちんと言えなくては話にならないと思います。。多くの場合、転職者を対象として行う面接は、新卒者を相手にする時よりも、深い内容になりがちです。一層のやりがいを求めて仕事を変えたいという人や、自分の適性にあう仕事を求めて転職をするという人もいるようです。給与や、福利厚生などの待遇面でよりよい会社を求めて転職をする人もいます。前向きな理由で転職先を探している人は、自分の能力を生かせる仕事を探して転職をすることになりますので、面接もスムーズに進み、転職活動も成功しやすいようです。

 

基本的な志望動機

  • やりがいを求めて仕事を変えたい
  • 自分の適性にあう仕事を求めて転職を決意
  • 給与や、福利厚生などの待遇面でよりよい会社を求めて転職を決意
  • 自分の能力を生かせる仕事を探して転職を決意

これらの動機であれば、納得いく説明ができるように、準備して万全の体制にしておきましょう。

 

 自分の能力や、実績を活かせる仕事をしたいと思っているならば、早期から転職活動への準備をして、チャンスを逃さず行動しましょう。面接をクリアする秘訣は、自分の能力を自分で評価できる環境にいることです。面接がうまくいくように、自己分析や、情報分析などの必要な準備をして、万全の体制で挑めるようにしておきましょう。

志望動機は中途採用時のポイントになる件

 新卒採用と中途採用の違いは、中途採用者の場合、過去の実績や資格を求めて採用するということにあります。経験者であるからこそ、採用する側の会社としては、その人の出来ることに対して強い関心が向けられていることが多いようです。当然、企業は即戦力を求めます。中途であれば育てている時間はありません。

 

 志望動機を書く時には、自分を採用したらどんなことに貢献できるかについて書くと、強い印象を与えることが出来ます。会社が求めている点を志望動機の中に記述することで、採用担当者の目に留まりやすくなります。

 

 志望動機に記述されている貢献できる項目が理に適っていれば、会社の即戦力として期待することが可能です。その会社が行っている仕事内容などをきちんと把握したうえで志望動機を書いているのであれば、さらに評価が高まります。転職を希望している人に対しては、ほとんどの企業が、前の会社をやめた事情を問います。

 

 退職理由については、前の会社や職場の批判的な内容であっては、評価を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。次の就職先に向けてのスキルアップといった前向きな理由であることが理想的な内容です。面接の際に退職理由を聞く背景には、退職理由と志望動機には密接な関わりがある点も理解しておく必要があります。

 

 退職した理由がスキルアップがしたいからだとすると、志望動機の一つにはそのスキルアップに関することが書かれていなければなりません。退職理由すべてを志望動機に関連付ける必要はありませんが、志望動機を考える際には考慮すべき大切な点になります。

 

まとめ
  • 中途採用では、過去の実績資格が求められる
  • 企業の仕事内容を理解して自分を採用したら、企業に対してどういう貢献ができるかを、理にかなった切り口で記述すべき
  • 退職理由が評価を下げることに注意。退職理由と志望動機には密接な関りがあります

 

 

 

関連ページ

面接の重要性
20年務めた中小企業を脱サラして、やりたいビジネスに挑戦。しかし波にのれずに副業含めて奮闘している内容をメインにブログにしてみました。 お役に立つことや参考にされる内容はないかもしれませんが、何かしら見て頂いた方に感じることがあれば幸いです。
企業側での面接のスタイル
20年務めた中小企業を脱サラして、やりたいビジネスに挑戦。しかし波にのれずに副業含めて奮闘している内容をメインにブログにしてみました。 お役に立つことや参考にされる内容はないかもしれませんが、何かしら見て頂いた方に感じることがあれば幸いです。
質問やマナー
20年務めた中小企業を脱サラして、やりたいビジネスに挑戦。しかし波にのれずに副業含めて奮闘している内容をメインにブログにしてみました。 お役に立つことや参考にされる内容はないかもしれませんが、何かしら見て頂いた方に感じることがあれば幸いです。

トップページ プロフィール プライバシーポリシー お問合せ